2007年03月20日

フィギュアスケート衣装(コスチューム)の作り方

フィギュアスケートの衣装は曲に合わせて用意しないといけないので、手作りされている方も多いかも。

伸びる生地なのでと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、
全くの初心者は別として、
普段ミシンを使い慣れている方は、
多分大丈夫です。

難易度が高いのは、首周りとか、足口とかのゴムいれですが、
ミシンを使い慣れている方なら、
コツをつかめば、意外と簡単かも。

ミシンも普通の家庭用ミシンでOK、
ロックミシンはできればあった方がいいです。

ただ、飾りなどに凝ったら、下手すると、買うより高くつくので、
好きな人以外には作るのはオススメできないかも(・・;)

型紙販売サイト

リトルフリル バレエ

型紙のみもキットもあり。型紙は背中心で切り替え。
子供サイズのみ。

且O徳

レオタード地を購入する時に型紙も一緒に購入可能。
型紙は、背中心切り替えなし。子供サイズから大人サイズまで。
付け方の難しいファスナーの付いたパワーネットあり。

生地は、レオタード地(水着も同じー)を使います。
2WAYや4WAYという、縦横、縦横斜めに伸びる生地を使います。
子供用には、1WAYは避けた方が無難です。

糸は、レジロンなどニット用の伸びる糸を使います。

生地販売サイト

格安生地専門店『くろす』

布の家サラサ

株式会社 カトウ

Colorful*Bomb

珍しいホログラム生地も手に入ります。

ラインストーン販売サイト

レオタード専門通信販売 セレクトショップオリーブ

生地の販売もあり、レオタードの飾付講座は、
スパンを使った飾り付けがとても分かりやすいです。

Jewel Fabric 【2way生地・装飾品 販売】

生地の販売もあり。珍しいホログラム生地も手に入ります。

以下のサイトは作る時、とても参考になりますよ。

作り方の参考サイト

ミシンの部屋

レオタード手作りキットもあります。飾りつけなど非常に参考になります。

手作りレオタードのおはりこさん

型紙の作り方あり、型紙の注文もできます。


余談ですが、私がレオタードを作っていて、気付いた事。
 ・子供はワンショルダーは無理。胸がないので、落ちてくる(^_^;)
  作るのなら、肩が無い方は、パワーネットか、肌色レオタード地にする。
 ・ラインストーン・スパンコールはたくさんになると、重い!
  小さい子は少なめにした方が無難。

因みに、私が作るのは、バレエやエアロのレオタードですが、
こんなの。これは、不思議の国のアリスをイメージしたもの。

アリスレオタード


posted by フィギュアスケート大好き♪ at 22:15| Comment(1) | TrackBack(1) | フィギュアスケート衣装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衣装(コスチューム、レオタード)の違い

フィギュアスケート衣装(コスチューム)も、
基本的にはレオタードです。
水着も飾りが違うだけで、ほとんど同じですねー。
各競技のレオタードは大まかにはこんな感じ。

バレエ→基本はキャミ型やタンク型。半袖、長袖もあり。
 飾りはフリルやリボン、小花など。
 舞台用は、レオタードではなく、8枚はぎのシャンタンなどで、
 きっちりサイズに合わせて作ります。
 舞台用にはラインストーンやビーズ、ブレードなども
 飾り付けに使います。
 スカートは、クラシックチュチュやロマンティックチュチュなどバリエーションあり。
 スカートは、チュールやオーガンジー、レオタード地などで作ります。

新体操→長袖レオタードが多い。
 透ける箇所は、パワーネット使用。
(透けるとダメな時は裏に肌色レオタード地)
 飾りは、スパンコール、ラインストーンが主体。
 生地は基本のレオタード地の他に、ホログラム生地を使う。
 スカートは大抵レオタード地で、タイトなもの。

エアロビクス→ハイレグは禁止になり、一番厳しいかも。
 透けるとダメなので、パワーネットは使わず、
 肌色箇所には、肌色のレオタード地を使います。
 スカートなし。ホログラム生地で切り替える事が多く、
 飾りはあまりなく、付けるとしたらラインストーン。

バトントワリング→結構何でもありで、自由度が高い。
 飾りも、スパンコール、ラインストーン、ブレードなど色々。
 スカートもあったり、なかったり。

フィギュアスケート→競技会でもパンツスタイルOKになり、
 結構何でもありで、自由度が高い。
 飾りは、ラインストーンが主ですが、レース飾りや、
 ブレード、フリルなどもあり。ホログラム生地は使わず、
 グラデーションに染めたものも多いですね。
 スカートは、レオタード地、オーガンジーなど。
posted by フィギュアスケート大好き♪ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギュアスケート衣装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアスケート衣装(コスチューム)の買い方

フィギュアスケート衣装(コスチューム)ってどこで売ってるの?って思ってらっしゃる方、いらっしゃいます?
お教室の先生経由でないと購入できない方もいらっしゃると思いますが、
ネットでも結構販売されています。

基本的にはバレエなどと同じレオタードなので、
こだわらなければ、既製品やオーダーのバレエ用レオタードを買っても大丈夫です。

ただ、フィギュアスケートの場合は、転倒などがあるので、厚手の生地か、総裏のもので、丈夫なものを選んだ方が良さそう。

練習用は、パンツ付スカートが便利ですよ。
かわいいし(^-^)

競技用には、曲にあわせないといけないので、
オーダーか、手作りでしょうね。
でも、市販品に飾りつけでもいけそう。

フランスレオタードコスチューム専門ショップ オリンストーン

フィギュアスケート以外にも、
バレエ、体操、新体操、エアロビクスレオタードの取り扱いがあります。

フィギュアスケートの衣装屋スケートドレスネット

練習に便利なパンツ付スカートもあります。

スケートショップアイススペース

スケート用品全般

Icy-fairies

特殊オーダーやセミオーダーもできます。

Mu-Costume・design

アレンジやフルオーダーもできます。

Un fee(アンフィー)

オーダーも既製品もあり。
posted by フィギュアスケート大好き♪ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギュアスケート衣装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。